カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

お取り付け方法

お取り付け方法

作業をする前にお読み下さい

●取り付け方法をご確認下さい。

表札の取り付け方法は製品ごとに異なっております。お買い求めいただいた表札の取り付け方法をあらかじめご確認下さい。
●天候を確認下さい。 表札のお取り付けをする際は、当日、翌日の2日間が晴れの日をお選び下さい。屋外用ボンドのほとんどが完全硬化まで24時間程度必要となります。
●2人以上で作業して下さい。 実際に表札を取り付ける前に、必ず離れた位置から表札の取り付け位置を確認することをおススメしております。万が一の対応などを考えて万全の人員で作業して下さい。
●事前にご用意下さい。 取り付け方法ごとに必要な道具などが異なります。必要なモノはあらかじめご用意頂いてから作業をはじめて下さい。
・柔らかい布(指紋などの乾拭き用)・新聞紙(壁面や足元の養生用)・マスキングテープ(粘着の弱い紙タイプがおススメ)があると便利です。
●安全には十分ご注意下さい。 表札のお取り付けをする際は、十分な作業スペースを確保し、周囲の安全をご確認のうえ事故やケガなどのないよう十分ご注意のうえ作業をして下さい。

表札のお取り付け方法

■ ボルト留め施工 ボルト留め施工は、重い表札(1kg以上)の取り付け方法です。
■ ボンド接着施工 ボンド接着施工は、軽い表札(1kg未満)の取り付け方法です。
■ 両面テープ接着施工 両面テープ接着施工は、マンション用プレートなどの取り付け方法です。

ボルト留め施工

電気ドリルで壁面に穴を開けます。 1.電気ドリルで壁面に穴を開けます。

まずは表札を取り付ける場所をお決め下さい。取り付け場所が決まったら表札の裏面に付いているボルトが壁面にあたる位置に鉛筆などで印をします。印を付ける際に位置がズレないよう十分注意して下さい。

印を付けた位置を電気ドリルなどで穴を開けます。穴を開ける際は表札裏面のボルトに合わせて、太さや深さなど適当な穴を開けて下さい。

穴を開ける際に、ケガや事故などの無いよう安全には十分注意して作業して下さい。

穴開け後は、穴の中の削りカスやほこりなどが残らないよう綺麗に掃除して下さい。

line

穴にボンドを適量注入します。 2.穴にボンドを適量注入します。

穴の中にゴミなどが無いことを確認してからボンドを適量注入して下さい。ボンドは屋外用ボンドをご使用下さい。

おススメ:ウルトラ多用途S・U 25ml(シリアル化ウレタン樹脂)

ボンドを扱う際は、ボンドが手に付かないよう手袋をして作業することをおすすめ致します。また、表札や壁面、衣服などにボンドが付かないよう十分注意し作業をして下さい。

line

表札側にもにボンドを適量付けます。 3. 表札側にもにボンドを適量付けます。

表札裏面やボルト部分など、ボンド接着する箇所は、あらかじめ乾拭きなどで油脂などを落としておいて下さい。表札の裏側にも適量のボンドを付けて下さい。

表札を取り付けた際に、余分なボンドが表札の表面にはみ出さないようボンドを付ける量にはご注意下さい。

line

表札を壁に取り付けます。 4. 表札を壁に取り付けます。

表札裏面のボルトを壁面の穴に挿し込んで固定して下さい。ボンドが完全に硬化するまではテープなどで動かないよう固定して下さい。

尚、ボンドが完全硬化するまではで表札に水分が付かないよう防水をして下さい。

line

ボンド接着施工

ボンド 1. ボンドを適量付けます。

表札の取り付け位置を決めて下さい。表札の取り付け位置に鉛筆等で事前に目印を付けることをお勧めします。壁面や表札の裏側を、あらかじめ乾拭きなどで油脂を落として下さい。

表札を取り付けた際に、余分なボンドが表面にはみ出さないよう適量のボンドを表札の裏側に付けて下さい。

おススメ:ウルトラ多用途S・U 25ml(シリアル化ウレタン樹)

ボンドを扱う際は、ボンドが手に付かないよう手袋をして作業することをおすすめ致します。また、表札や壁面、衣服などにボンドが付かないよう十分注意し作業をして下さい。

line

表札 2. 表札を壁に取り付けます。

あらかじめ目印をつけた位置に表札を取り付けます。ボンドが完全に硬化するまではテープなどで動かないよう固定して下さい。

尚、ボンドが完全硬化するまではで表札に水分が付かないよう防水をして下さい。

ボンドが硬化するまでの一時的な固定の為に、両面テープを併用すると簡単に取り付けできます。

line

両面テープ 1.壁面を綺麗に掃除します。

事前に表札を取り付ける壁面の汚れを綺麗に落として下さい。

表札の取り付け位置を決めて下さい。表札の取り付け位置に鉛筆等で事
前に目印を付けることをお勧めします。

取り付ける壁面の表面に激しい凹凸がある場合は、両面テープによる取り付けはできませんのでご注意下さい。

line

表札を壁に取り付けます。 2.表札を壁に取り付けます。

表札裏面についている両面テープの紙をはがし、あらかじめ目印をつけた位置に表札を取り付けます。圧着する際に表面にキズを付けないよう注意して作業して下さい。

表札から手を離す際は、万が一落下することのないよう表札が完全に固定したのを確認しながら離して下さい。

line